イベントの盛り上げ役、景品

景品、と聞いて皆様はどんなものを連想しますか?

私は、お祭り、スーパー、学校でのお楽しみ会・・・などなど、挙げればきりがないほどたくさん思い浮かびます。

イベントがあるたびに、何かちょっとしたものがついているだけで嬉しくなって、テンションがぐっと上がる。

不思議ですよね。

普段もらってもあまり使わないものだとしても、何かのついでや、おまけがついている、となるだけでお得な気分になってしまうのは人間の性なのでしょうか・・・。

そんな子どもも大人も皆大好きな景品についていろいろ調べてみました。

最早盛り上げ役としてなくてはならない存在。

イベント企画などしている時には、運営側も思わず白熱してしまうラインナップの選択。

ですが、渡す側にも守らなくてはならないルールや法律もちらほらと。

たかが景品、と言えますがされど景品。

意外と知られていないことや、皆さんが「へぇー!知らなかった!」

と思わず唸る内容まで、なかなか奥が深いものです。

今後もらったりあげたりの時も、小話として友達に自慢できるかもしれませんよ。

まず、もしもあなたがイベントの企画側に立ったとして、景品を用意することになった時、どうやって商品を選ぶでしょう?

決めるためにもTPOが気になってきますよね。

すなわち時期や時間、渡す場所、そして目的。

シチュエーションは様々ですから、選ぶのが結構難しいのですよね。

そして参加人数や年齢層によっても大きく変わってきます。

例えば、同窓会や結婚式の2次会などでしたら、気の置けない友人が参加している事も多いでしょうし、おもしろい景品などを用意すれば大いに盛り上がる事でしょう。

しかし会社関係のイベントごとだとすると、状況や年齢層も変わってきますから、下手なものを入れてしまえば大変なことになってしまうかもしれません・・・。

さらに、集客のために景品を使いたいのであれば、あたりさわりないものというだけでなく、思わず目を引くような素敵なものを考えなくてはなりませんよね。

そうなると頭の中はこんがらがってしまって結局何が良いのやらわからなくなってしまいます。

そんな時におすすめなのがこのサイト。

イベントに使える景品サイトをチェック

様々な情報や豊富なラインナップを揃えているほか、発注までかけられます。

もしもの場合、ぜひ参考にしてくださいね。